不可欠な活動

マイク

企業における将来を見据えた能力育成の必要性

企業などの組織での教育訓練は、組織が必要とする人材育成のため、不可欠な活動です。そして、組織運営における人材育成の目的として、4つの能力が求められます。まずは、組織の方針を理解して、その目的のボトルネックとなる課題を設定できる課題設定能力があります。その設定に基づいた職務遂行能力があります。また、他の部署を含めた、協力企業との連携を深めることに必要な対人能力、そして、目的を達成するためにクリアしなければならない問題解決能力があります。この4つの能力を向上させるには、講師を派遣する教育訓練も必要です。場合によっては、職場から離れたOFF−JTと呼ばれる教育訓練方法により、派遣された講師が独自の方法にて、これらの能力を高める教育を施す場合があります。

階層別に求められる教育訓練

講師派遣を検討する際には、階層別に応じたセミナー、あるいは研修によって、その能力向上を図ることができます。これは、新入社員のフォローアップ研修や、主任クラスのリーダーシップ研修、管理職養成研修といった研修を挙げることができます。また、研修施設に、派遣された講師の方とともに、豊かな環境下において教育訓練を受けることで、飛躍的な効果が期待できる場合もあります。派遣された講師は、多くの経験に基づいた実績に加え、講師自身も、人材育成の教育訓練を受けた専門性に優れた人材が派遣されますので、様々な視点による能力開発を図ることができます。その分野も、ビジネスや、教養だけでなく、やる気アップといった様々な分野に特化した講師を招くことで、企業に必要な人材育成につながります。教育訓練を担当するスタッフは、こういった点に配慮することで、格段の効果が得られます。