喜ぶ女性

盛り上がるための策

年の瀬が近づくにつれ、忘年会の頻度が上がります。一年の締めになるため盛大なイベントになるでしょう。景品を用意すれば更にヒートアップし、より盛り上がるのは間違いありません。

Read more

マイク

不可欠な活動

企業経営において、常に将来を見据えて人材を育成する必要があります。最近では派遣で講師を招いて、仕事の階層別に教育訓練を行うことが増えています。多くのジャンルの講師を招くことで、人材を強化することができます。

Read more

お話を聞く

今が旬の講師

メディア進出が加速化することで、あらゆるジャンルに詳しい専門家を講師に呼び、派遣をするケースが増加しています。本人の口からタメになる話が聞けるため、良い時間になるのは確かです。

Read more

研修期間と講師の選定

研修の様子

人気がある講師依頼はこちらで行なうことができますよ。学校関係を中心にイベントや講演会を行なっているのでオススメです。

昔からある楽器を使って奏でて欲しいと思っている人は、和太鼓の演奏の依頼ができるこちらを利用しましょう。

様々なスタイルがある管理職研修

ひとまとめに管理職研修といっても、様々なタイプの研修が存在しています。例えば外部の業者に依頼して管理職研修を行ってもらう場合であれば、自社のニーズに合わせて、どのような研修が適しているのか考えていくことが大切です。 では、管理職研修の種類を選ぶ際に、どのような点に注意すればいいのでしょうか。その際のポイントの一つが、どのくらいの期間で研修を行うのかということです。 同じ管理職研修であっても、1日の短期集中で行われる場合もあれば、時間をかけてじっくりと行う場合もあります。それぞれの研修ごとにメリットやデメリットが存在しているからこそ、目的に合わせて適した管理職研修を選択することが求められます。管理職がしっかりしているかどうかで、会社の将来にも大きくかかわってくるからこそ、研修の検討は大切なものです。

管理職研修では社外講師を利用する

社員研修では講師を社内の人に任せる場合も多いです。その場合には業務に関する研修であったりする場合が多く、入社して間もない社員が対象となっています。 かたや、管理職研修では、部下を持っている人が多く、そのマネジメント研修等の内容であることが多いです。しかも管理職研修に参加する人はそれなりの役職がついている人なので、それ以上の人に講師を依頼することは難しいです。 そのようなケースでは社外の研修専門の会社に講師を依頼することが多いです。管理職研修でも社外の人に対しては真面目に傾聴して取り組みます。管理職研修では参加する管理職の姿勢がその企業の姿勢でもあります。 管理職位の立場の人は対外的な評価も気にする人が多いために社外講師である方が、研修としての効果があります。